恋愛情報『「甘え」と「ワガママ」の境界線は?体験者が語るデートでの上手な甘え方』

2018年4月3日 11:45

「甘え」と「ワガママ」の境界線は?体験者が語るデートでの上手な甘え方

目次

・デート中、上手にかわいく甘えるコツ
・◎要注意!これはただのワガママ!
・ベッドでの上手な甘え方って?
・◎ギブ&テイクの気持ちが大切!
・大勢の人がいるときは?
・相手の気持ちを考えて
「甘え」と「ワガママ」の境界線は?体験者が語るデートでの上手な甘え方

一般的に男性は女性に頼られると「ノー」とは言えないもの。だけど、実際に好きな相手や彼氏に甘えて引かれたらどうしよう…と思っている人も多いのでは?

そこで今回は、甘え上手な女性に、シチュエーション別テクニックを聞いてみました。また、彼女たちに聞いたこれはただのワガママだよ!というNG例もあわせてご紹介します。

デート中、上手にかわいく甘えるコツ

まずはデート中。甘え上手な女性に、彼に「かわいいな」と思ってもらえる方法と「これはワガママだからNG!」というパターンを詳しく教えてもらいました。

◎相手の好意は素直に受け取って
「甘えるのがヘタな女性って、『ありがとう』より先に『ごめんなさい』って言っちゃってる気がする。例えば、食事をご馳走になったとき。『ご馳走になっちゃってすみません』なんて言われたら、男性は『え?おごるのって悪いこと?』と思っちゃう。そこは素直に『ご馳走さま!ありがとう』でいいんじゃないかな。どうしても気が引けるなら『次は私が出すから、お茶でもしませんか?』って誘ってみては?」(24歳/会社受付)

なるほど、相手の好意には謝罪ではなくお礼を。これならハードルが低そうだから、すぐに取り入れられそうですね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.