恋愛情報『最短距離で恋を叶える秘訣は?アドラー心理学による「変身のルール」』

最短距離で恋を叶える秘訣は?アドラー心理学による「変身のルール」

2018年4月7日 15:00
 

目次

・私なんてどうせ……は○○の放棄
・立ち止まったままか前進か
・アドラー心理学による変身のルール
・まとめ
最短距離で恋を叶える秘訣は?アドラー心理学による「変身のルール」


恋愛ドラマ『ラブリラン』(日テレ系)がスタートしました。
主人公の南さやか中村アン)は、幼馴染の鷺沢亮介大谷亮平)への片思いをこじらせ、30歳にして男性経験ゼロという地味女。

ある日、記憶喪失になり、気がついたら3ケ月もの月日が経っていました。しかも女子力高めの女子に変身し、別の男性と同棲中という事態に。

記憶を失っている間にいったい何が起きたのか?今後の展開が見逃せない、注目のドラマです。

■私なんてどうせ……は○○の放棄

さやかはことあるごとに「私なんてどうせ……」と卑下して、恋愛のステージに立つことを避けてきました。その結果15年という長い間、具体的にアプローチをするでもなく、漠然と片思いを募らせてきたのです。

恋愛に限らず、何事においても「私なんてどうせ……」と思って物事に正面からぶつかろうとしない人って多いもの。その根底には「どうせダメだから何もしない」という気持ちが潜んでいるんですよね。

何もしないでいて、望む通りの未来が訪れるほど現実は甘くありません。希望を実現させたいなら、理になかった努力を重ねる必要があります。
では、具体的に努力とは何をすればいいのでしょう?

結果を得るために必要な工程をプランニングし、ひとつずつトライしていく。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.