恋愛情報『最短距離で恋を叶える秘訣は?アドラー心理学による「変身のルール」』

最短距離で恋を叶える秘訣は?アドラー心理学による「変身のルール」

2018年4月7日 15:00
 

目次

・私なんてどうせ……は○○の放棄
・立ち止まったままか前進か
・アドラー心理学による変身のルール
・まとめ
最短距離で恋を叶える秘訣は?アドラー心理学による「変身のルール」


恋愛ドラマ『ラブリラン』(日テレ系)がスタートしました。
主人公の南さやか中村アン)は、幼馴染の鷺沢亮介大谷亮平)への片思いをこじらせ、30歳にして男性経験ゼロという地味女。

ある日、記憶喪失になり、気がついたら3ケ月もの月日が経っていました。しかも女子力高めの女子に変身し、別の男性と同棲中という事態に。

記憶を失っている間にいったい何が起きたのか?今後の展開が見逃せない、注目のドラマです。

■私なんてどうせ……は○○の放棄

さやかはことあるごとに「私なんてどうせ……」と卑下して、恋愛のステージに立つことを避けてきました。その結果15年という長い間、具体的にアプローチをするでもなく、漠然と片思いを募らせてきたのです。

恋愛に限らず、何事においても「私なんてどうせ……」と思って物事に正面からぶつかろうとしない人って多いもの。その根底には「どうせダメだから何もしない」という気持ちが潜んでいるんですよね。

何もしないでいて、望む通りの未来が訪れるほど現実は甘くありません。希望を実現させたいなら、理になかった努力を重ねる必要があります。
では、具体的に努力とは何をすればいいのでしょう?

結果を得るために必要な工程をプランニングし、ひとつずつトライしていく。得られた「手ごたえ」を分析し、さらに尽力の方向性を調整していく。
生まれるリスクを受け入れ、自己責任で具体的な行動をおこしていくのが「努力」です。

「私なんてどうせ……」と縮こまってしまうのは、結局のところ負うべき自己責任を放棄して、尻込みしているにすぎません。

■立ち止まったままか前進か

何もしないでいたら、さやかのように「立ち止まったまま」になってしまいます。
現状を変えたいのなら「今の自分にできることを、まずはやってみよう」と前に進み出しましょう。

最初は小さな一歩でかまいません。
わずかな変化でもその実績の積み重ねが、前向きな気持ちにつながっていきます。

ただ、こと恋愛となると相手がいることなので、必ずしも理想の関係を手に入れられるとは限りません。
それでも恋を叶えるために努力をするわけですが、実はここに「こじらせ女子」が陥りやすい落とし穴があるのです。

■アドラー心理学による変身のルール

よく「他人は変えられないから自分が変わるべき」という言葉を耳にします。この言葉自体は間違いではありませんが、方向性を間違えると大変です。

「相手のため」に自分を変えようとすると、相手に対して見返りを求めたくなるんですね。その結果、思ったような結果が出なかったときに「あなたのためにこんなに頑張ったのに!」という気持ちが爆発し、相手への怒りが生まれたり、何もかも空しくなって欝状態になったりするんです。

相手の心に寄り添えるような女性になったほうが、両想いになれる可能性は高まります。ただ、そのような女性になることが自分の成長につながる、と思えるかを十分に吟味する必要があるでしょう。
その結果、変わりたいと思えるなら「成長したい自分のため」に自己改善に励むべきです。

たとえ両想いになれなかったとしても、自分のために努力したわけですから、成長できたこと、それ自体は無駄にはなりません。

このように「自分の人生」と「他人の人生」をきちんと切り分けて、自分のなすべきことに対して前向きに取り組むのがアドラー心理学の基本原則なのです。

■まとめ

アドラー心理学による変身のルール、ご理解いただけましたでしょうか。

本当に求めたい関係があるなら「どうせ私なんて」女子を卒業してみてはいかがですか。
人生は一度きり。成長した先に、希望の未来が待っているかもしれません。

ただし、人は他人を「支援」できても、「支配」することはできません。すべては自己責任において、自分のために行う気概が大事なのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.