恋愛情報『モテを意識しすぎて逆に非モテに!? 痛い女子がやりがちな2つのこと』

モテを意識しすぎて逆に非モテに!? 痛い女子がやりがちな2つのこと

2018年4月11日 16:50
 

関連リンク

・デート場所が決まらない…困ったときの解決法とおすすめスポット♡
・「彼氏が途切れない女子」と「全く彼氏が出来ない女子」の決定的な違いって?
・元カレと復縁したい!元カレと一度セフレになったら復縁できない?
モテを意識しすぎて逆に非モテに!? 痛い女子がやりがちな2つのこと


【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情184】

ネットで「男にモテる女」と検索すると、たくさんの情報が出てきますが、中には「ん?これモテる?」と思う内容もチラホラ……。女性が思っているモテと、男性が思っているモテは違うことも多々ありますよね。

そこで今回は、男性の意見も踏まえ、モテを意識しすぎて非モテになっている女性についてお話ししましょう。

■キラキラ起業女子は「女の皮を被った男」!?

SNSなどで見かけるキラキラ起業女子。男性顔負けなくらいバリバリ仕事をして、プライベートもエステやジムで体をメンテナンス。料理や英会話スクールに通ったり……と、女磨きにも余念がないというか、日々充実してて、女性から見たらカッコイイ存在ではあります。

筆者もSNSでそんな女性の投稿を見て「すごいな。さぞ、素敵な男性とお付合いしているんだろうなぁ」と思ってました。
ただ、筆者の彼や男友達はこぞって「あれは女の皮を被った男だな…」と言うのです。

SNSでたまに見かけるキラキラ(起業)女子と呼ばれがちな女性は、高級ブランドの写真をアップしたり、海外で豪遊している写真をあげたり、体をしっかり鍛えている写真をあげたりで、それを見ている人から賞賛を浴びていますよね。

ただ、自らをキラキラ女子と謳って(思い込んで?)いる女性の大半は、男性からは「あざとくてギラギラ感がすごい……」と、ちょっと引かれていると思っていいですよ。

キラキラって「あの人キラキラしててカッコイイよね」と人から言われる言葉であって、自分で「私ってキラキラ女子♪」と思い込んでいるのはちょっとお門違いかも…。

キラキラアピールがまさかの非モテになっていることもあるので、ちょっと気をつけたほうがいいかもしれません。
どこかか弱く、しおらしい部分を感じないと男性は「女性」と思えないみたいです。

■「高嶺の花」を意識した「高飛車」な女

男友達に「モテを意識して非モテになっている女性ってどんな人?」と聞いたら「ん~……高嶺の花を目指して高飛車になっちゃった人かな」と言っていました。

「高嶺の花」はモテる(憧れの的?)と言われますよね。まぁ、自分に自信のある男性なら追いかけたくなる女性なのかもしれません。女性の中には素敵な男性をゲットすべく、「高嶺の花」になろうと努力する人もいるでしょう。
でもそれ、一歩間違うと「高飛車」になってしまうこともありえます。

恋愛で言う「高嶺の花」の女性って、誰もが憧れる素敵な女性って意味合いが強いですよね。一方「高飛車」は相手を威圧するイメージ。

全然違うじゃん!と思いますが、高嶺の花を演じたいがために、興味ない、且つ自分には釣り合わない!と思う男性には冷たくしたり、わがまま放題したり。「あなたじゃ私は手に入らないわよ!」的な態度を取ると「高嶺の花」じゃなくただの「高飛車」に……。

こんな高飛車な様子を見てしまった(もしくは誰かに聞いてしまった)男性は、間違いなくあなたを避けます。

「高嶺の花」は無理に演じようとしてなれるものではないのです。演技はムダってことを覚えておいてくださいね。

■終わりに

男性にモテたいからと、闇雲にモテテクを駆使したり、演じたりすると、かえってモテなくなってしまうことも……。
というか、モテる女性ってみんな、モテを意識してないナチュラルな女性だと思います。

メイクやファッションを男性ウケするようなものにするのは賛成ですが、必要以上にモテを意識して行動しないほうがいいかもしれませんね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.