恋愛情報『オトナの恋愛にシフトするポイント3つ!「いい女」は感情を抑えない!?』

2018年6月7日 16:50

オトナの恋愛にシフトするポイント3つ!「いい女」は感情を抑えない!?

目次

・【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情216】
・いい女ぶる必要なし!感情は表に出す
・彼には彼の世界があることを理解する
・駆け引き不要!自分にも彼にも正直に
・終わりに
オトナの恋愛にシフトするポイント3つ!「いい女」は感情を抑えない!?

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情216】

年齢が上がるにつれ、言葉遣いやファッションが落ち着く……というか、どこか上品になったりしますよね?それ、オトナになってる証拠だと思います。

エイジストという言葉はあまり好きではないけど、ある程度「年相応」というのは大事だなと。そう、恋愛もね。

恋愛も、30歳になる前にはできればオトナ仕様にシフトすることを推奨します。そこで今回は、オトナの恋愛についてざっくりお話ししましょう。

■いい女ぶる必要なし!感情は表に出す

20代、特に20代前半はオトナの仲間入りをしたばかりで、学生気分も抜けず、学生っぽい(子どもっぽい?)言動の女性もいたはず。

でも、好きな人の前では子どもっぽいと思われたくないから、ちょっと無理をして感情を隠したり、余裕のある振る舞いをしたりして、いい女ぶったりしたのでは?

20代後半になれば、もうしっかりオトナ。変にいい女ぶる必要はありません。感情はある程度、表に出しましょう。そのほうが相手だって、彼女が今、何を考えていてどういう気持ちなのかがわかるので、付き合いやすいんです。

仮に感情が怒りであっても、隠すのではなく、「私はあなたのこういうところに対して怒ってます」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.