恋愛情報『「不倫したヤツは死ぬまで殴って良い」という風潮は、もはや“鬼退治”!?【カレー沢薫 アクマの辞典】』

「不倫したヤツは死ぬまで殴って良い」という風潮は、もはや“鬼退治”!?【カレー沢薫 アクマの辞典】

2018年9月20日 11:55
 

「不倫したヤツは死ぬまで殴って良い」という風潮は、もはや“鬼退治”!?【カレー沢薫 アクマの辞典】

漫画家として活躍するカレー沢薫さんの連載コラム「アクマの辞典」

このコラムは、ア行からワ行まで、女や恋愛に関する様々なワードをカレー沢さん独自の視点で解釈していきます。女の本性をあぶりだす新しい言葉の定義をとくとご覧あれ!

■第18回アクマの辞典サ行

「不倫したヤツは死ぬまで殴って良い」という風潮は、もはや“鬼退治”!?【カレー沢薫 アクマの辞典】


【サ】

▶「サレ妻(夫)」(されつま・されおっと)

…彼女らがシタを退治するのが現代の桃太郎

今回のテーマは「サレ妻(夫)」である。サレ妻(夫)とは、配偶者に不倫されている者のことを指す。

日本は昔から不貞に対する罪が重く、不義密通は重ねて4つだし、切る奴の腕が悪いと1.5ぐらいにされちゃうのである。

今でこそ刑事罰はないが、どう見ても社会的には「こいつは不倫したんだから死ぬまで殴って良い」扱いされているとしか思えない。

よって、サレが報復し、シタがヒドイ目に遭う勧善懲悪ストーリーは特にネット上では人気である、ジャンルとしては水戸黄門や、暴れん坊将軍と同じだ。

つまり、したら最後、バレたら絶対悪として成敗、一件落着大爆笑されてしまうのが不倫である、IQが0.5以上あるなら、しないほうが良いとわかる。

しかし、不倫をしている人間は多い、つまり不倫は人のIQを0.4以下というもはや視力ならメガネがいるレベルまで下げるということである。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.