恋愛情報『結婚できないのは親のせいかも!? 娘の幸せを邪魔する「毒親」の本2選』

2018年12月11日 16:55

結婚できないのは親のせいかも!? 娘の幸せを邪魔する「毒親」の本2選

目次

・あなたの家は大丈夫?
・毒親の娘は自己肯定感が低くなる?
・母娘は女同士だからこそ難しい
・恋愛下手な理由がわかるかも
結婚できないのは親のせいかも!? 娘の幸せを邪魔する「毒親」の本2選

数年前から「毒親」という言葉を目にする機会が多くなりましたよね。「毒親」とは文字通り、子どもにとって毒になる親のこと。

いわゆる、虐待する親などを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、子ども対して精神的にプレッシャーをかけたり、暴言を吐いたり、気分で振り回したりするのも「毒親」のようです。

■あなたの家は大丈夫?

家族の問題は、他の家と比べるのが難しいので、傍から見れば「毒親」でも、当の子どもは「これが普通」と思い、気づかないまま大人になるケースも多いもの。

また、大人になってからも「毒親」に支配され続けるパターンもあり、そういう女性は恋愛や結婚をするうえで支障が出るという話も……。

そんな「毒親」にまつわる本をご紹介しますね。あなたの両親は、毒親ではないでしょうか?

■毒親の娘は自己肯定感が低くなる?

『母がしんどい』(KADOKAWA)

まず「毒親」の本と言えば、漫画家の田房永子さん。「毒親」関連の著書が多く、自身が親になってからも、子どもに対する自分の行動に苦しみます。

そんな田房さんの代表作は『母がしんどい』(KADOKAWA)です。かわいい絵柄のコミックエッセイで読みやすいのですが、内容は壮絶。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.