恋愛情報『泣きたいほど孤独なクリスマスを経て…聖夜が怖いあなたへ贈る言葉』

2018年12月20日 18:55

泣きたいほど孤独なクリスマスを経て…聖夜が怖いあなたへ贈る言葉

目次

・「寂しさ」は実はとても必要な感情
・筆者が経験した孤独なクリスマス
・一人でも幸せなクリスマスの過ごし方
泣きたいほど孤独なクリスマスを経て…聖夜が怖いあなたへ贈る言葉

クリスマスは恋人や家族と過ごす特別な日。一年で一番ロマンチックな二日間はシングルにとっては一年で一番寂しさが沁みる夜に。

特に連休と重なったりしたら、もう大変!世界で自分だけが一人、取り残されたような気持ちになり、孤独感は募るばかり。

中には一人でいるのが怖くて、普段会わない友人や好きでもない異性と一緒に過ごす人も。
今回は、孤独なクリスマスの夜が怖いと怯えているうさぎさんたちに贈るお話です。

■「寂しさ」は実はとても必要な感情

クリスマスはひとまず置いておいて、寂しさのお話を。

「寂しい」「孤独」という感情は、ぜひ知っておくべきだと思います。常に誰かと一緒にいて、寂しい思いを経験したことのない大人が、人間の深みとか他人の感情や心の傷を図り知るということは少々難しい気がするから。

「修行」だって、少林寺のように大人数でする修行もあれば、自分だけの空間に閉じこもるものもあり、だいたいがその孤独と向き合い、修行することを最終的なステージにしていると思います。

ちょっと大袈裟なたとえでしたが、孤独や寂しさって、心を成長させるために必要なことなのかもしれません。

それに、寂しさを知っていると誰かと一緒に過ごす時間の素晴らしさや楽しさに改めて気づくことができます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.