恋愛情報『彼を本気にさせるならLINEより手書き!あえてのラブレターで心をつかむコツ』

2019年5月3日 11:55

彼を本気にさせるならLINEより手書き!あえてのラブレターで心をつかむコツ

目次

・女性からのラブレターをどう思う?
・ラブレターはズバリ婚活向き?
・夜に書くのはNG?ラブレター失敗談
・手書きだからこその効果も
彼を本気にさせるならLINEより手書き!あえてのラブレターで心をつかむコツ

新元号「令和」の典拠であることから、一気に注目が集まった万葉集。その中には、恋の詩も多数収録されています。

最近の連絡手段と言えばもっぱらLINEなどですが、万葉の昔にならって、あえて手書きの恋文を送ってみるのもいいかもしれません。ここでは男性の声や女性の体験談をもとに、恋活におけるラブレターの上手な活用法を探ってみます。

■女性からのラブレターをどう思う?

まずは、彼女ではない女性からLINEやメールではなく手紙をもらったらどう思うか、男性の意見を聞いてみました。

「古風な感じがして好印象。『靴箱にラブレター』みたいな感じで、学生時代に戻ったみたいだし、純粋にうれしいです」(33歳/メーカー)

「手紙に限らずだけど、字がきれいだと相手のこともよく思えますよね。逆にクセが強かったり汚かったりすると、『出直してこい!』って感じるかな」(28歳/研究職)

「相手によっては『いい大人が恋愛ごっこかよ』と思うかも」(29歳/公務員)

女性からラブレターをもらうことに対して、肯定的な意見の男性も少なくないよう。ただし内容やシチュエーションによっては逆に敬遠される原因にもなりかねないので、注意が必要です。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.