恋愛情報『お好み焼き店で彼の結婚後の姿を知る方法! 5/7「粉の日」にチェック』

2019年5月7日 12:05

お好み焼き店で彼の結婚後の姿を知る方法! 5/7「粉の日」にチェック

目次

・【1】口だけ出して自分では焼かない
・【2】全て焼きたがる&食べ方にうるさい
・【3】店選びにこだわる
・【4】ソースなど調味料の味にこだわる
・【5】究極はもんじゃ焼きという人
・「粉の日」は粉もんデートを
お好み焼き店で彼の結婚後の姿を知る方法! 5/7「粉の日」にチェック

5月7日は「粉の日」。「57(こな)」の語呂合わせから制定されたという、粉もんの魅力をPRする記念日です。

粉もんの代表と言えばお好み焼き。鍋奉行ならぬ、鉄板奉行(パン奉行)と呼ばれる人々がいるのをご存じですか?

鉄板奉行とはお好み焼きを仕切る人のこと。実はいろんなタイプがいて、その様子を観察すれば性格がわかるそう。結婚後の姿まで見えちゃうかも。そんな鉄板奉行のタイプを分析してみます。

【1】口だけ出して自分では焼かない

これはもっとも嫌われる鉄板奉行。焼き方、ひっくり返すタイミング、マヨネーズやソースのつけ方など、口うるさく言うものの、自分では決してヘラを持たずに文句だけ言う男性ですね。

このタイプは「そういうのは女子がやればいい」と思っているので、結婚すると苦労しそう。甲斐甲斐しく世話をするのが好きな女子以外は、近づかないほうがいいでしょう。

【2】全て焼きたがる&食べ方にうるさい

もしかしたら関西出身かも。お好み焼きを愛するあまり、他人の焼き方を拒否。全て自分のやり方で押し通すタイプです。お店にケチをつける場合もあり、ちょっぴり厄介なことも。

勝手にやってくれるため、基本は放っておけばいいのですが、「すごーい」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.