恋愛情報『同僚、近所…元カレとよく会う状況ってどんな感じ?メリット&デメリット』

2019年5月27日 19:55

同僚、近所…元カレとよく会う状況ってどんな感じ?メリット&デメリット

目次

・同じ職場の同期が元カレ
・趣味のサークル仲間が元カレ
・近所の幼馴染みが元カレ
・元カレとの関係は考え方次第
同僚、近所…元カレとよく会う状況ってどんな感じ?メリット&デメリット

吉高由里子さん主演のドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)では、主人公・結衣の職場に、向井理さん演じる元婚約者が上司として入社。働き方の話だけでなく、今後の恋の行方も気になるところですよね。

仕事に限らず「元カレと顔を合わせざるを得ない」という状況にある人は意外と少なくないのでは?そこで今回は、別れてからも相手と会う機会が多い女性のエピソードから、そのメリット・デメリットを探ってみました。

■同じ職場の同期が元カレ

まずは、入社後すぐに同期と付き合い、その後1年ほどで別れて、今は「仲のいい同僚」くらいの関係だというミズキさん(27歳/メーカー)のお話です。

◎何かあったら頼りにできる
「彼とは部署も同じ。別れた当初こそやりづらかったけど、気心が知れてるから、今ではヘルプもお願いしやすいですね。向こうも昔のよしみ(?)で『しゃーないなぁ』って助けてくれます」

別れたとは言え、一度は心や肌を重ねた関係。他の同僚以上に身近な存在として、いざというときに頼りやすいのがメリットなのだとか。ただしこれは、穏便に別れられた場合限定かもしれません。

◎次の社内恋愛がやりにくい
「彼と別れてから、ちょっといいなと思ってた先輩がいたんです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.