恋愛情報『あの男最低!6月2日は裏切りの日…20~30代女性が語る恋人の仕打ち』

2019年6月2日 11:55

あの男最低!6月2日は裏切りの日…20~30代女性が語る恋人の仕打ち

目次

・画面に映ったのは…
・最低なのはどっち?
・言ってることが違う!
・あなたは幸せになる権利がある
あの男最低!6月2日は裏切りの日…20~30代女性が語る恋人の仕打ち

6月2日は「裏切りの日」なのだそうです。その由来は、織田信長明智光秀に攻められて自害した「本能寺の変」が起こった当日だから。

そこで今回は、日本史上もっとも有名な背信行為が起こったこの日を記念して(?)、20~30代の女性に「彼氏に受けた、忘れられないひどい仕打ち」の体験談をリサーチ。特に印象的な3つのエピソードをご紹介しましょう。

■画面に映ったのは…

「賭け事好きの恋人は、キャッシングしてまで競馬や麻雀、パチンコ三昧。私にもお金を借りようとしたので、堪忍袋の緒が切れて説教しました。猛省して二度としない、と約束したので胸をなでおろしたのですが…。ある日、家でテレビを見てたら『有馬記念で5万すりました~』とヘラヘラ、インタビューに答える彼の姿が映ったんです」(27歳/会社受付)

「天網恢恢疎にして漏らさず(てんもうかいかいそにしてもらさず)」という言葉があります。これは、悪事は必ずバレ、天罰は絶対に下るという意味。このエピソードにぴったりの言葉ですよね。

それにしても、ギャンブルって一度ハマるとなかなか抜け出せないと聞きます。この手の男性は、きっぱりお別れするのが一番のような気がするのは、筆者だけでしょうか?

■最低なのはどっち?

「ひょんなことから会社の上司と飲みに行くことに。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.