恋愛情報『婚期を逃す女性の特徴!ネックとなるジェンダー・アイデンティティとは?』

2019年6月15日 11:55

婚期を逃す女性の特徴!ネックとなるジェンダー・アイデンティティとは?

目次

・6月をつかさどるデア
・結婚できない女性に見られる特徴
・ネックはジェンダー・アイデンティティ
・まとめ
婚期を逃す女性の特徴!ネックとなるジェンダー・アイデンティティとは?

「6月の花嫁は幸せになれる」―――そんなジューン・ブライドの言い伝えに憧れる女性は多いでしょう。

この月に結婚式を挙げる由来は何か、ご存知ですか?諸説ありますが、一番有力なのはローマ伝承を起源とする説になります。

■6月をつかさどるデア

ローマ伝承には、デウス(Deus)とデア(Dea)と称される崇高な精霊たちがいます。男性霊がデウスで女性霊がデアです。

古代ローマでは太陽の動きで1年を定め、農耕期を管理するための暦としてロムルス暦(Roman Calendar)が使われていました。そのため、暦は農業と密接に関係があり、必然的に農耕を守護するデウスとデアにも関連しています。

例えば、実りを迎える5月は、豊穣をつかさどるデア・マイア(Maia)。5月の「May」の語源はこちらの女神です。そして6月を守護するデアはユノ(Juno)。ユノは結婚・出産をつかさどります。

6月に結婚するとこのデアの祝福を授かり、幸せになれる。「ジューン・ブライド」の言い伝えは、このデアをもとに生まれたと言われているのです。

■結婚できない女性に見られる特徴

ユノに愛されるような結婚をしたい…そう願っているのに結婚に至らない。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.