恋愛情報『男女のすれ違いが起こる本当の理由…実は「脳の違い」のせいじゃなかった!』

2019年6月22日 11:55

男女のすれ違いが起こる本当の理由…実は「脳の違い」のせいじゃなかった!

目次

・「仕事と私、どっちが大事?」問題
・女性脳・男性脳の実態
・時代と環境が生み出してきた男女の違い
・ジェンダーフリーな今、求められること
・まとめ
男女のすれ違いが起こる本当の理由…実は「脳の違い」のせいじゃなかった!

話題のドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)の最終回が6月25日に振り替えとなり、ラストへの注目が集まっています。

WEB制作会社ネットヒーローズのディレクター東山結衣吉高由里子さん)のモットーは「絶対に定時で帰る」こと。仕事中毒の父親を見て育ったため、命を削ってまで仕事はしないという考えが育ったのです。

■「仕事と私、どっちが大事?」問題

ヘッドハンティングによって、結衣の部署の副部長となったプロデューサーの種田晃太郎向井理さん)は、実は結衣の元婚約者。

ワーカホリックで仕事に没頭するあまり、両家の顔合わせをすっぽかした晃太郎に、当時、結衣は「仕事と私との結婚、どっちが大事なの?」と尋ねました。

「仕事だよ」との返答に夫婦としての未来が見えなくなり、結婚は破談に。でも、上司と部下という関係になって初めて、彼の仕事への情熱と秘めた優しさを知ります。

「仕事と私、どっちが大事なの?」この問いは、女性が男性にするケースが圧倒的に多く、男性が女性に…という例はあまり聞かないですよね。

なぜ女性に多く見られるかと言うと、男性と女性とでは優先順位のつけ方に違いがあるから。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.