恋愛情報『彼女に「好き」は言っても「愛してる」と言わない男性…その理由は?』

2019年6月24日 18:55

彼女に「好き」は言っても「愛してる」と言わない男性…その理由は?

目次

・「好き」「愛してる」に感じる重み
・日本の男性は口にしにくい言葉
・それほど意識して使い分けていない
・「愛してる」を言ってもらおう
彼女に「好き」は言っても「愛してる」と言わない男性…その理由は?

彼氏に「好き」と言ってもらえても「愛してる」は聞いたことがないという女性は意外と多いもの。なぜ彼の口から「愛してる」の言葉が出てこないのか不安になりますよね。

今回は、男性が「愛してる」と言わない心理について調査。「好き」と「愛してる」を意図的に使い分けている男性は、どれくらいいるのでしょうか?

■「好き」「愛してる」に感じる重み

一番の違いは、その言葉の重みではないかと。

◎なぜ「愛してる」が欲しいのか
「好き」は、恋人や好意を持っている人にだけでなく、好物という意味で人物以外の対象に対して使うこともあります。

しかし「愛してる」は日常的には使いません。“僕はカレーを愛してる”とか“野球を愛してる”とは、なかなか言わないですよね。情熱が強すぎる場合は、まれに使うかもしれませんが…。

それだけ「愛してる」は重みがある言葉だということなのでしょう。

◎「愛してる」の言葉だけで安心する
いつも“好きって言ってくれるけど、本当なのかな?”と不安に感じたときこそ、「愛してる」を聞きたくなりませんか?それは「好き」と「愛してる」に重みの違いを感じているからではないでしょうか。

“彼の本当の気持ちを知りたい!”という不安を打ち消すために、女性は彼から「愛してる」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.