恋愛情報『「嘘!私のこと好きだったの?」相手の好意を見逃した鈍感女子エピソード3つ』

2019年9月6日 18:55

「嘘!私のこと好きだったの?」相手の好意を見逃した鈍感女子エピソード3つ

目次

・年上の彼の秘めた恋?
・勘違いでニアミス
・鈍感すぎて大後悔
・あなたは実はモテている!?
「嘘!私のこと好きだったの?」相手の好意を見逃した鈍感女子エピソード3つ

今現在、恋愛がうまくいっていないと感じている女性は少なくないかもしれません。ですが、ちょっと思い返してみて!実は過去にはモテていたのではないでしょうか。

「彼のあのときの言葉や行動って……」と思い当たることはありませんか?

■年上の彼の秘めた恋?

A子さん(32歳・広告デザイナー)は大学時代のバイト仲間と意気投合、仕事終わりによく飲みに行っていたそうです。

「特に同い年のおしゃれ大学生と、服飾の専門学校に通っていた5歳上の先輩と気が合って、3人でも2人でもよく飲んでましたね」

バイトを辞めてからもときどき集まっていたものの、同い年の彼は就職で地元に帰り、次第に5歳上の彼と2人で会うように。

「毎回“その服似合うね”“どんどんおしゃれになっていくね”とほめてくれたのですが、“ファッションを勉強している人だからいろいろコメントしてくれるんだなぁ“と思っていました」

あるとき、彼から音楽フェスに誘われたA子さん。大好きなアーティストが出演するので行くことに。当時彼氏もいたけれど、2人きりで出かけることにまったく罪悪感を抱かなかったそう。

「都内から山梨県まではるばる電車を乗り継いで向かいました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.