恋愛情報『一人の相手と長く付き合うのは、つまらない?「倦怠期」【カレー沢薫 アクマの辞典】』

2019年12月5日 18:55

一人の相手と長く付き合うのは、つまらない?「倦怠期」【カレー沢薫 アクマの辞典】

一人の相手と長く付き合うのは、つまらない?「倦怠期」【カレー沢薫 アクマの辞典】

漫画家として活躍するカレー沢薫さんの連載コラム「アクマの辞典」
このコラムは、ア行からワ行まで、女や恋愛に関する様々なワードをカレー沢さん独自の視点で解釈していきます。女の本性をあぶりだす新しい言葉の定義をとくとご覧あれ!

■第47回アクマの辞典カ行

【ケ】
➤「倦怠期」(けんたいき)
一人の相手と長く付き合うのは、つまらない?「倦怠期」【カレー沢薫 アクマの辞典】


今回のテーマはか行から「倦怠期」だ。

倦怠期とは、セックスさえしていれば二人の時間はあっという間という頃を過ぎ、やっと相手の全体像が見えるようになって「あれ、こいつこんなエロ大根みたいな形してたっけ?」と思う時期である。

大体、付き合いたての頃というのは、ときめきで目が眩んでいるので、視力が0.03、視野が2度ぐらいしかなく、相手の良いところしか見えず、悪いところはぼやけて見える。

その霧がだんだん晴れて、当初から薄々気になっていた違和感が浮き彫りになり始めるのが、付き合いだして3ヶ月頃だと言う。
それに加えて「飽き」や「慣れ」も起こっているため、ここで最初の「こいつのこと本当に好きなのか」「このまま付き合って良いのか」のシンキングタイムが始まるという。

「どう見ても働いてない」「とても殴ってくる」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.