恋愛情報『「距離を置きたい」と言う男性の本音は?別れるケース・復縁できるケースの違い』

2020年1月14日 20:50

「距離を置きたい」と言う男性の本音は?別れるケース・復縁できるケースの違い

目次

・復縁の可能性、高め!
・これはちょっと望み薄かも…
・一発逆転、復縁するために
・見極めが大切
「距離を置きたい」と言う男性の本音は?別れるケース・復縁できるケースの違い

もし恋人に「距離を置きたい」と言われたら、どうしますか?「わかった」と身を引く?それとも「そんなこと言わないで」とすがりつく?いずれにせよ「別れのセリフ」と受け取る人が多いのではないでしょうか。

しかしこの言葉、「サヨナラ」を意味するケースもあれば、「末長く付き合っていくために、少し休憩しよう」という気持ちの表れの場合もあるよう。当記事では「距離を置こう」と言う男性心理および対処法をご紹介します。

■復縁の可能性、高め!

「距離を置きたい」と言われたからといって、「フラれちゃった…」と嘆くのはまだ早い。実は、会わない時間を作ることで、2人の絆がさらに深まる可能性も。「僕たち、距離を置いたほうがいい」と言われても以下のような場合は、まだまだチャンスありです。

◎交際期間が長い場合
「なんとなく倦怠期だな、と思ったから『ちょっと考える時間が欲しい』って伝えたんです。でも、いざ1人になったら、まあ寂しくて。いつも側にいてくれた彼女のありがたみがよ~くわかったので、慌てて謝罪しました」(27歳/会社員)

2人で一緒に過ごした時間が長いほど、独り身の虚しさ、孤独感に堪えられなくなるみたい。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.