恋愛情報『年下彼氏にリードしてもらう秘訣は?やってはいけない行動・発言を解説』

2020年2月4日 19:55

年下彼氏にリードしてもらう秘訣は?やってはいけない行動・発言を解説

目次

・【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情475】
・リードしない!世話を焼かない!
・年齢差を感じる発言をしない
・“お母さん”化=女性扱いされない
年下彼氏にリードしてもらう秘訣は?やってはいけない行動・発言を解説

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情475】

もともと年下男性が好きな女性もいるけど、年齢を重ねるうちに年下も恋愛対象になった、という人もいるはず。特にこれまで年上男性と付き合う機会が多かった場合、相手が年下でも、できればリードしてほしいと思うのでは?

自分のほうが上だからと、あれこれ世話を焼いた結果、気づけば“彼女”ではなく“お母さん”になっていた……なんて嫌ですよね?彼にリードしてほしいなら、そうなるよう仕向けましょう。

■リードしない!世話を焼かない!

彼にリードしてもらいたいなら、そもそもあなたがリードをしない、世話を焼かないことが大事。

母性本能強めの人、彼に好かれたい気持ちが強い人は、ついリードしたり、世話を焼いたりしてしまうのかもしれませんが……。それをやればやるほど、彼の中であなたは“お母さん”的な存在になりますよ。

デート中、彼が自然とリードするような構図を作ったほうがいいでしょう。例えば、予約したお店に行くにしても、あなたが地図を見て彼を連れて行くのではなく「私、地図を見るの苦手で……」と言って彼に地図を見させ、お店まで連れて行ってもらったほうがいいかと。

メニューをオーダーする際も、自分で店員さんに言うのではなく、あなたは食べたいものを彼に伝えるだけで、注文は彼にしてもらう、とかね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.