恋愛情報『角が立たない「デートの断り方」体験談!目上の人からの誘いには?』

2020年8月23日 12:15

角が立たない「デートの断り方」体験談!目上の人からの誘いには?

目次

・知人や知り合って間もない人には
・目上の人からの誘いには
・逆にデートを断られた場合は?
・やんわり断って誘われ上手に
角が立たない「デートの断り方」体験談!目上の人からの誘いには?

せっかくのデートのお誘いも、乗り気になれないことだってありますよね。ただ、断るにしても、下手に相手を傷つけるのは避けたいもの。大人の女性なら、角を立てずに上手に断る方法は知っておいて損はありません。

今回は20代後半から40代の女性に、角が立たないデートの断り方について聞きました。相手との関係別に、臨機応変に使い分けてくださいね。

■知人や知り合って間もない人には

◎もうちょっと仲良くなってからね!
「関係性が浅い場合は、あなたのこと知らないので無理です!という意図を込めて」(28歳/販売員)

◎その日は予定があって…。また予定が空いたらこっちから誘うね
「こっちから連絡するから!と強調して牽制する」(30歳/看護師)

◎彼氏と出かける予定がある、と恋人の存在を示す
「嘘でも彼がいると言ってしまえば、たいていの人はそれ以上、踏み込んでこないので」(33歳/教員)

あまり親しくない相手には「恋人がいます!」とはっきりアピールするのが無難。たとえ恋人の存在が嘘だとしても、関係性が浅ければバレにくいはずです。

また、「こちらから連絡するね!」は「連絡の主導権は私にあるので連絡してこないでね」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.