恋愛情報『失恋が死ぬほどつらいのはなぜ? 別れを経験して心が痛む本当の理由とは…』

2021年4月13日 20:55

失恋が死ぬほどつらいのはなぜ? 別れを経験して心が痛む本当の理由とは…

失恋が死ぬほどつらいのはなぜ? 別れを経験して心が痛む本当の理由とは…

「恋を失う」と書いて「失恋」と読むように、失恋はそもそもつらいものです。しかし何がどうつらいのか、ここでは失恋がつらいと感じる理由について深堀りしていきます。

■失恋がつらいのはなぜ?

◎自分自身を否定されたように感じるから
失恋がつらいのは、まず自分自身を否定されたように感じるからです。
自分は彼のことが本気で好きだったのに、相手はそうではなかった。むしろ「もう連絡しないでほしい」と言われてしまうと、自分の存在そのものがいらないと言われているようでつらくなるのです。

◎楽しい思い出に執着してしまうから
恋人同士であったにしろ、長年の片思いだったにしろ、恋をしていたときは、相手との楽しい思い出も多かったはず。しかし失恋をしてしまうことで、それまでの楽しかった思い出が悲しいものへと変わってしまいます。

一緒に歩いた桜並木や、初めて一緒に行った映画館、おいしいねと笑いながら食べたカフェのケーキも。しかし、悲しい思い出になったからといって、そう簡単に忘れられるものではありません。むしろ「こんなに楽しかったのにどうして」と、かえって過去の思い出に執着してしまうのです。あの楽しかった日々に戻りたいと思うほど、失恋した事実が心に重くのしかかります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.