恋愛情報『赤い服が好きな男性は“おだて”に弱い?好みの色でわかるカレの深層心理【恋占ニュース】』

2016年1月25日 10:15

赤い服が好きな男性は“おだて”に弱い?好みの色でわかるカレの深層心理【恋占ニュース】

男性は一般的に、青や紺などの寒色系や黒、グレーといった暗い色の服を選びがち。でも、休日に会うと赤いスニーカーを履いていたり、帽子や靴下は明るい色だったりすることもあるかもしれません。
また、平日スーツを着ている男性の中には、ネクタイの色がいつも寒色系の人や暖色系ばかりの人もいるのでは?

◆好きな色でわかる相手の深層心理
お気に入りの色には、その人の心理が如実に表れているそうです。今回は色彩心理研究家・臨床心理カウンセラーの木下代理子先生に、男性がよく身につけている服や靴、バッグの色などでわかる深層心理と性格を教えていただきました。

◆ビビッドな色が好きな男性
赤やオレンジなど発色がよく、パッと目に飛び込む色を身につけている人は、自己主張や自己顕示欲が強く、物事に対して貪欲です。目的達成能力も高く、苦しい中でも努力して成功を勝ち取るタイプ。スポーツ選手が好んで身につける色でもありますね。

恋愛では情熱的で愛情表現が豊か。この色を好む人を恋人に持つと、愛されていると実感できそうですが、ひとたび裏切れば、相手は復讐の鬼と化すことも。赤に近いほど性格的に強くなり、オレンジや黄色へ向かうほど温厚で穏やかになります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.