恋愛情報『自宅・彼氏宅・新居…「同棲」パターン別・メリット&デメリット【恋占ニュース】』

2016年6月14日 10:15

自宅・彼氏宅・新居…「同棲」パターン別・メリット&デメリット【恋占ニュース】

目次

・2人で物件探しから!新しい部屋でスタート
・「お邪魔します!」お相手の家にお引越し
・「ようこそ!」自分の家にお相手がお引越し
・理想の間取り・時期のこと
自宅・彼氏宅・新居…「同棲」パターン別・メリット&デメリット【恋占ニュース】


6月といえばジューンブライド。なんとなく結婚を意識する季節ですよね。でもその前に同棲を…と考える人は少なくないようです。

同棲と言っても、2人で新居を探す場合、どちらかの部屋に引越す場合と複数のパターンがあります。どれも一緒?いえ、それぞれにメリット・デメリットがある模様。

新年度の慌ただしさが落ち着いたこの時期、彼との同棲を考えている人に向け、パターン別に「よかった点・苦労した点」をリサーチしてみました。

2人で物件探しから!新しい部屋でスタート

◎よかった点
・「家電や家具を話し合いながら選べる」(30代・女性)

・「場所を選べたので、お互い会社が近くなってよかった」(40代・男性)

・「最初に生活のルールを一緒に決められる」(30代・女性)

一番のメリットは、物件選びから生活のルールまで、イチから2人で決められること。場所もお互いの職場を考慮できるし、後から不満が出てくることも少なそう。初期費用はかかるけど、折半できるのもいいですね。

◎苦労した点
・「両方の希望を満たす物件がなかなか見つからなかった」(30代・女性)

・「家賃が安いから事故物件でもいいと思っていたのに、彼女は断固拒否だった」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.