恋愛情報『同棲生活のストレスを減らすヒント!『逃げ恥』に学ぶ「役割分担」の意味』

2016年11月26日 16:45

同棲生活のストレスを減らすヒント!『逃げ恥』に学ぶ「役割分担」の意味

目次

・結婚とは?考えさせる要素が満載
・ドラマ『逃げ恥』のストーリー
・共働きor専業主婦、理想はどっち?
・ケンカの種は、曖昧な役割分担にあり!
・終わりに
同棲生活のストレスを減らすヒント!『逃げ恥』に学ぶ「役割分担」の意味


ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以下、『逃げ恥』)が絶好調ですね。

主演の新垣結衣さんのかわいさに加え、彼女の大胆な提案にたじたじしつつも、ぎこちなく受け入れる星野源さんの初々しさ…なかなか進展しない2人の恋愛模様に“ムズキュン”する視聴者が続出だとか。

◆結婚とは?考えさせる要素が満載

…とキュンキュンして楽しむのもいいけれど、ドラマの設定を改めて振り返ってみると、同棲や結婚における役割分担についていろいろ考えさせられます。

『逃げ恥』では「家事=仕事」として描かれていますが、現実は“共働きが当たり前”。では、家事も等しく男女で分担されているかというと…モノ申したい女性は多いのではないでしょうか。
そのあたりの実態をリサーチしてみました。

◆ドラマ『逃げ恥』のストーリー

本題に入る前に、ドラマをご覧になっていない方のためにストーリーをざっくりご紹介。
新垣結衣さん演じる主人公・森山みくりは、大学院を卒業したものの就職活動に失敗し、派遣の仕事も失ってしまいます。父親の紹介で、星野源さん演じる津崎平匡(ひらまさ)の家事代行を始めるのですが、みくりの実家が引っ越すことに。

そこで、みくりは家事を仕事とする契約結婚を提案。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.