恋愛情報『愛情の反対は憎しみ?それとも…『ごめん、愛してる』に見る愛憎の心理学』

2017年8月5日 10:15

愛情の反対は憎しみ?それとも…『ごめん、愛してる』に見る愛憎の心理学

目次

・愛情の逆は憎しみ?
・「愛情がある」ってどういうこと?
・愛情と憎しみの関係
・愛情の反対は?
・まとめ
愛情の反対は憎しみ?それとも…『ごめん、愛してる』に見る愛憎の心理学


長瀬智也さんの20年ぶりのラブストーリーとして注目を集めたドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)。

幼い頃、母親に捨てられ裏社会で生きてきた律(長瀬さん)はある日、事件に巻き込まれ、命がいつ尽きるともわからないケガを負います。

最期に親孝行をしたいと実の母を探すのですが、なんと母親は息子のサトル(坂口健太郎さん)と幸せに暮らしていて…。
自分と2人との落差に愕然とした律は、復讐することを心に誓います。

■愛情の逆は憎しみ?

サトルの幼なじみ・凜華(吉岡里帆さん)は彼に想いを寄せていましたが、サトルは別の女性に恋していました。

ひょんなことから凜華と知り合った律は、彼女を通して母とサトルに近づきます。
最初は利用するだけだったはずの凜華の存在が、律の中でだんだん大きくなっていき、凜華もまた律に惹かれていきます。

律は捨てられたとはいえ、母親に対して深い思慕の念を抱いていました。
だからこそ、自分ではなくサトルを愛する様子に深く傷つき、復讐心を宿すことになったのです。

何もこれは、親子の間柄にとどまる話ではありません。
手ひどくフラれたり、裏切られたり、そういった出来事を通して心が傷つき、黒い感情を抱くのは男女の恋愛にも起こり得ることです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.