タン塩の次はあの部位を頼んで!焼肉を食べて美ボディを作る秘訣

2017年9月14日 11:45
 



食欲の秋ですね。夏バテ気味で食欲がなかった人も、おいしいものが食べたい!と思い始める季節ではないでしょうか?

元気が出そうな食べ物といえば、やっぱり焼肉!でも太っちゃうし、ダイエット中だし…と自制している女性もいるかもしれません。

そんなみなさんに朗報です。焼肉も、食べる順番を工夫すればキレイになれる可能性大!今回はそのあたりをアドバイスしますね。

■食べる順番ダイエット

同じ食事を摂るにしても、その順番を変えることで太りにくくなると言われています。法則はシンプル。まず野菜、次にタンパク質、最後に炭水化物の順番で食べればいいのです。

最初に食物繊維たっぷりの野菜を食べることで、後から摂る糖質の吸収がゆるやかになり、血糖値の急上昇を防いでくれます。

先に野菜やお肉(タンパク質)を食べているので、炭水化物(ご飯)の量は少なめでも満足できそう。つまり炭水化物を摂りすぎないようにするための方法でもあるんですね。

■お肉はタン塩から!サンチュも頼んで

それでは、焼肉屋さんでの注文の仕方を考えていきましょう。最初に野菜を摂るべく、サラダやナムルを注文。サラダのドレッシングには注意してくださいね。サンチュも頼み、お肉を巻いて食べるのも◎!

お肉を食べる順番も重要です。まずはタン塩からスタート。糖質が低いしビタミンB1、B2が多く含まれていて、お肌の健康を維持&脂肪の代謝を促す働きがあります。

ちなみにタレには砂糖が含まれているので、お肉はなるべく塩で食べるのが望ましいですね。なお、糖質を多く含むものから先に食べると、血糖値が上昇して糖が脂肪に変わりやすいので要注意。

■積極的に注文したいお肉は?

タン塩の次はロースを。脂肪分が少なめでL-カルニチンが豊富です。L-カルニチンはアミノ酸の一種で脂肪を燃焼してくれる栄養素です。
ミノ、レバー、ハツなどのホルモン系も低カロリー、高タンパクなのでおすすめですよ。

みんな大好きなカルビは、脂肪分が多くタレで食べることが多いので、できれば避けたいところ。最後のほうにちょっとだけ頼むのがいいでしょう。レモン汁や塩で食べるのがベターです。

そして焼肉を食べていると欲しくなるのが白いご飯!でも、ここはグッと我慢してください。炭水化物の摂りすぎは美ボディの敵です。

どうしても食べたい場合は、一緒に行った彼や友達のご飯をひと口もらうといいかも。シメの冷麺、ビビンバも我慢、我慢。スイーツも糖質なのでこちらもスルーしましょう。

■焼肉を食べる際のポイント

…というわけで焼肉を食べてキレイになりたいのなら、最初に野菜をたくさん頼んで、それを意識的に食べること。お肉はタン塩から注文し、基本的に塩&レモン汁をつけて。

好きなものを全て我慢した挙句、ストレスがたまってドカ食い!なんて悲しすぎ。食べたいものをちゃんと食べてキレイになるのが一番です。
ぜひ、食べ方をちょっと工夫して肉食美人を目指してくださいね。

ライタープロフィール
天野りり子
ライター/編集者
大学在学中からライター&編集稼業をスタート。女性誌ではビューティ&ヘルス企画、男性誌では恋愛記事を多数執筆、書籍編集も手がける。
趣味は読書とタロット占い、そして恋バナを収集すること。

新着まとめ
もっと見る
夜オンナの記事(外部サイト)

ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.