2018年10月14日 21:00|ウーマンエキサイト

不妊治療、引き際が分からない…「専業ベビ待ち」チェック【リアル・モンスターワイフ、再び 第34回】

不妊治療、引き際が分からない…「専業ベビ待ち」チェック【リアル・モンスターワイフ、再び 第34回】

ⓒmetamorworks-stock.adobe.com


大好きだった仕事を辞めて、妊活に専念。ところが、思ったように結果が得られず、焦燥感と挫折感、そして仕事をあきらめたことへの後悔にさいなまれ、精神のバランスを崩してしまった麻子さん。

日常生活も夫婦仲もどんどんおかしくなっていきますが、彼女はもはや妊活のことしか考えられない状態。専業主婦ならぬ「専業ベビ待ち」の誕生…前回ご紹介したのは、そんなケースでした。

子どもを持つか否か。

それは夫婦にとって、非常に大きな決断です。特に女性の間には、「女に生まれたからには、自分の子どもを生みたい。育てたい」という人が多いかもしれません。

けれど…社会が女性たちを半ば強制的に、まずは「就活」に放りこみ、そして「婚活」、そしてこれもクリアしたら、数年後には「妊活」を用意している、というようなところはないでしょうか。

「仕事に生きがい求めるのが普通よ。当然働かなきゃね。就活、就活」

「結婚はしなきゃダメでしょ。結婚して一人前。みんな結婚に憧れてるでしょ。条件が合う人を求める婚活は今や常識」

「女性なら子どもが欲しくて当然だよね。高齢出産年齢の35歳が近づいてきてるよ。早く妊活しないと!

まるでそんな風に言われているように感じてしまいます。

「○活」という言い方をされると、それは「みんながやっていること」であり、「みんながやるべきこと」であるような気がしてきます。そして、「みんながやっていること、やるべきこと」である以上、社会に飛び交う情報の量は増える一方。

今では、専門家や一部の著名人のみならず、一般の個人も自身の意見や経験を気軽にSNSなどを通して発信できるのですから、注目度の高いテーマに関する情報量はもはや無限です。

「○活」に放り込まれた女性たちは、この膨大な量の情報に目がくらんでしまいます。情報がどんどん流れ込んできて、取捨選択する暇もない。そんな状況に疲れて自分を、そして自分のしたいことを、いつしか見失ってしまいます。

とても便利な反面、自分を見失いそうになる社会に生きている私たち。そして、生まれ持った性格が、現代社会のこうした性質の悪影響を受けやすいタイプだったりすると…妻はいとも簡単に、モンスターワイフへまっしぐらに落ちてしまいます。

あなたはそんな「ハイリスクな性格」に当てはまりませんか? 以下のチェックリストで確認してみてください。

■「妊活系モンスター 専業ベビ待ち」度チェック

ここでは、あなたの「妊活系モンスター 専業ベビ待ち」度をチェックしてみましょう。以下の質問で、〇はいくつありますか?

1. 自他ともに認めるコツコツ型の努力家だ。

2. 人生設計をバッチリ考えているタイプだ。

3. しないで後悔するより、失敗してもいいからチャレンジする。

4. 子どもがいない自分の未来が想像できない。

5. なにかを途中でやめたくなっても、投資した時間、お金、労力を惜しむあまり、やめることができなかった経験がある。

6. 物事を始める前には、関連する情報を集められるだけ集めたい。

7. 他人のブログを3つ以上継続して読んでいる。

8. チェックするブログ、SNSの発信者に対して、競争心を燃やしていることがある。

9. 女性の幸せは結婚と出産にあると思う。

10. これまでに大きな挫折を経験したことがない。



新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.