恋愛情報『【男女のちがい】将来買うなら「都会の新築・狭めな高級マンション」と「片田舎の広めの中古物件」?』

2016年6月29日 15:50

【男女のちがい】将来買うなら「都会の新築・狭めな高級マンション」と「片田舎の広めの中古物件」?

【男女のちがい】将来買うなら「都会の新築・狭めな高級マンション」と「片田舎の広めの中古物件」?

今は賃貸住宅や実家暮らしでも、いつかはマイホームで暮らしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。ですが、日本の住宅事情は刻々と変化しています。理想のマイホームに対する男女の認識にちがいはあるのでしょうか。社会人の男女に聞いてみました。

Q.将来家を買うなら、どちらのほうがいいですか?
【女性】
都会にある新築の狭めな高級マンション……39.9%
都会から少し離れた場所にある広めの中古物件……60.1%

【男性】
都会にある新築の狭めな高級マンション……33.3%
都会から少し離れた場所にある広めの中古物件……66.7%

男女とも、6割以上の人が、都会からは少し離れても広い家がいいと考えているようです。それぞれの理由を聞いてみました。

【女性】■都会にある新築の狭めな高級マンション
・「都会のほうが公共交通機関が使えるのがいい。結局、田舎に住んでも車の維持費で金がかかる」(27歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)
・「都会でいろいろ病院など医療機関がまわりにないと不満」(25歳/その他/専門職)

都会の魅力として利便性を挙げる人が多くいました。充実した公共交通機関やサービスを利用すれば極力少ない持ち物で生活できるため、多少狭くても困ることはないかもしれませんね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.