恋愛情報『死産する確率は? 妊娠後に胎児が死産する原因と兆候』

2016年9月21日 16:25

死産する確率は? 妊娠後に胎児が死産する原因と兆候

死産する確率は? 妊娠後に胎児が死産する原因と兆候

「死産」という過酷な現実は、小さな命が宿ったその時から誰にでも起こり得る事実です。助かる命が増える一方で、未だに自らの不摂生が原因となって引き起こされる場合も。こちらでは死産する確率と、妊娠後に胎児が死産する原因や兆候についてまとめています。赤ちゃんの健やかな成長を願うからこそ、その存在から目をそらしてはいけません。

妊娠する前は着床率、妊娠がわかると子宮外妊娠が心配で、それからは順調に育ってくれているのか、元気なのかと、大切な命だからこそその心配は尽きません。できることなら考えたくない「赤ちゃんがお腹の中で亡くなってしまうかもしれない」ということ。死産は妊娠週数が早いほど多いとされていますが、臨月間近であっても起こり得るといいます。妊娠後にお腹の赤ちゃんが亡くなってしまう「死産」とは、どのようなものなのでしょうか。こちらではその確率と、原因や兆候についてまとめました。

「死産」とは
「死産」というのは法律上でも重要な意味を持ち、全てに死産届け出義務が生じるため、厚生労働省では、妊娠12週以降に死亡した胎児を出産することを「死産」と定義しています。

妊娠12週未満、特に妊娠5〜6週などの妊娠早期で流産した場合などは、その出血が「流産」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.