恋愛情報『結婚のリアルがわかる! 阿部寛&天海祐希が演じる話題作『恋妻家宮本』』

2017年1月27日 17:45

結婚のリアルがわかる! 阿部寛&天海祐希が演じる話題作『恋妻家宮本』

結婚のリアルがわかる! 阿部寛&天海祐希が演じる話題作『恋妻家宮本』

テレビドラマ「家政婦のミタ」「女王の教室」などの話題作を手がけた脚本家・遊川和彦の、監督デビュー作となる映画『恋妻家(こいさいか)宮本』が、2017年1月28日に公開予定。宮本陽平役は阿部寛、妻の美代子役は天海祐希が演じます。特別試写会に参加した、未婚アラサー女子のマイナビウーマン編集部員が、本作の見どころをご紹介!

■モントリオール世界映画祭でも大絶賛!
原作は、人気作家・重松清の「ファミレス」。それに遊川流の大胆な脚色を加えて、新たな視点で夫婦の物語を描いた作品となっています。早くも、第40回モントリオール世界映画祭で新人監督作品がノミネートされる「First Films World Competition」部門に出品され、観客の絶賛も浴びたのだとか!

■笑って泣ける、夫婦の心あたたまる物語
物語のはじまりは、とあるファミレスで開催された合コン。それをきっかけに付き合いはじめた大学生の陽平と美代子は、子どもができたことをきっかけに結婚します。それから長い年月を経て、ひとり息子の正も結婚して自立。50歳にして夫婦2人きりの生活がスタートした矢先、なんと、陽平は美代子の捺印済みの離婚届を見つけてしまいます!そこからはじまる宮本夫婦の物語と、2人を取り巻くまわりの人物たちのエピソードに、最初から最後まで笑って泣けるハートフルな作品でした。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.