彼氏の「愛してるよ」は本心? 本気度を見極める方法

2017年6月19日 17:49
 


普段はクールな彼が、いきなり「愛してるよ」と言ってきたり、それがあまりにも頻繁だったりすると、うれしい反面疑念を抱くこともありますよね。その愛情表現には、どんな本心が隠されているのでしょうか?今回は男性116名と専門家の意見から、「彼女に愛してると伝える男性心理」をご紹介します。

■彼女に「愛してるよ」と言う男性心理を調査!

まずは、彼女に「愛してるよ」と言う男性心理を調査してみましょう。

◇彼女に「愛してるよ」と言ったことがある?

まずは、現在彼女がいる・または彼女がいたことのある男性116名に、彼女に「愛してるよ」と言ったことがあるかどうかを聞いてみました。

Q.あなたは彼女に「愛してるよ」と言ったことがありますか?
はい……78.0%
いいえ……22.0%

約8割の男性が、彼女に「愛してるよ」と言ったことがあると回答しました。一体どのような気持ちで、愛情表現をしたのでしょうか?

◇彼女に「愛してるよ」と伝える理由

彼に「愛してるよ」と言ってもらえるのはうれしいですが、本当にそう思っているのか気になることもありますよね。彼女に「愛してるよ」と伝えた理由を、男性のみなさんに聞いてみました。

☆本当に好きだから

・「本当に好きで、自分から告白して付き合ったから」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「本当に好きで好きで仕方ないから、言葉にしてみた」(32歳/商社・卸/営業職)

☆彼女を安心させたり、喜ばせたりしたいから

・「愛情表現のひとつとして、言葉で伝えた。女性はそう言われることで安堵感を得るから」(33歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「言葉で伝えたほうが喜ばれるから。そのほうが盛り上がる」(34歳/医療・福祉/その他)

☆彼女にせがまれたから

・「彼女に『私のこと、好き?』と聞かれたから」(33歳/情報・IT/技術職)

・「彼女が言ってほしいと言ったため、仕方なく」(31歳/食品・飲料/営業職)

◎男性意見・まとめ

彼女のことが本当に好きで「愛してるよ」と言う男性がいる一方、彼女にせがまれて仕方なく「愛してるよ」と言う男性もいました。前者はうれしいですが、後者だと彼の本心ではない場合も。できれば本心からの「愛してるよ」が聞きたいですよね。

■専門家に聞いた!彼氏の「愛してるよ」は本心?

彼が「愛してるよ」と言ってくれたとき、それが本心かどうかを見極めるためには、何をすればいいのでしょうか?男女の心理のちがいにくわしい、心理コーディネーターの織田隼人さんに聞いてみました。

◇彼氏の「愛してるよ」が本心かを見極める方法

彼氏からの「愛してるよ」という言葉がいまいち信用できないから、この記事を読んでいるのだと思います。つまりそこには、「彼を信用できない理由」が隠されています。それに自分で気づくことが「本心かを見極める」第一歩となります。

自分に自信がないから信用できないのであれば、その原因は彼にあるわけではないので、彼を信用してしまったほうがいいでしょう。素敵な彼が自分を大事にしてくれて、そして「愛してるよ」という言葉を投げかけてくれるのに、ただ自分が「釣り合っていない」とか「彼が素敵すぎる」と不安になるのは、彼ではなく自分の気持ちの問題です。だから自信を持って、彼の言葉を受け止めて信用したほうがうまくいきます。

それとはちがって、彼の態度に何か違和感がある場合。たとえば、大事にされていないと感じる部分があるのに「愛してるよ」と言われて、それが本気かどうかわからない場合には、まず「愛してるよ」という言葉を保留にして、自分が不安に感じることを先に考えてみましょう。

たとえば、自分が病気になったときに彼が看病してくれなかったのであれば、その当時の彼の状況を聞いて「看病してくれなかった理由」を見極めればいいでしょう。完全に仕事で忙殺されていた可能性もあるので、その場合は仕方がないです。逆に、時間に余裕があるのに面倒だから看病してくれなかったことがわかれば、それは「愛情が薄い」と考えられます。

まず、「愛してるよ」という言葉を信頼できないときは信頼できない理由を考えて、そしてその原因の背景を彼に尋ね、裏をとるといいです。裏をとった結果、問題なさそうであれば、「愛してるよ」という言葉を信頼しましょう。

◇「愛してるよ」と言われたときの上手な返し方

心から「愛してるよ」と言ってくれる男性は、「私も愛してるよ」と返されるとうれしく感じます。愛を伝え合いたいと思っているからです。そのため、彼に「愛してるよ」と言われたら「愛してるよ」と返しましょう。もちろん、「愛している」という言葉は強い言葉なので、言葉だけではなく、そのあと抱きしめ合ったりするかもしれません。そのときは、しっかりと抱擁しましょう。キスを求められたら、キスをしましょう。あなたがキスをしたくなったら、自分からキスをしましょう。言葉だけではなく、態度でも愛情を伝えてあげることが、一番いい返し方となります。

◇「愛してるよ」ばかり連発する男性は危険?

「愛してるよ」と気軽に言ってくる男性の中には、「女性がよろこぶし、すぐ関係を作るのに便利だから」という人もいるのはたしかです。ただ、そういう男性は「愛してるよ」という言葉以外の部分で、「いかにも遊んでいたり、二股をかけている雰囲気」が漂っているもの。たとえば、女性ウケするお店をたくさん知っていたり、エスコートが妙に慣れていたり。そのような男性の「愛してるよ」という言葉は危険ですが、そうでない男性からの言葉であれば大丈夫です。

そもそも、「好き」とか「愛している」という言葉は、気持ちがあふれて出てくる言葉です。つまり、本気で言っているときは気持ちが高まった口調や表情になるのである程度わかりやすいですし、それは「たくさんの愛を自分に向けてもらえている」いい状態です。安心して彼の言葉を受け止めましょう。

■まとめ

彼女に「愛してるよ」と伝えたことがある人の割合や、それにまつわる男性心理をご紹介しました。もし彼氏に「愛してるよ」と言われて不安になったときは、織田さんのアドバイスを参考にしてみてください。そして彼の言葉が本心だとわかったら、自分もきちんと愛情表現を返してあげてくださいね。

(監修:織田隼人、文:ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年6月7日~6月8日
調査人数:118人(22~39歳の男性※彼女がいる・または彼女がいたことがある男性)

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.