恋愛情報『【マナー講師監修】結婚祝いでのご祝儀袋、失敗しない選び方・書き方』

2017年9月1日 18:40

【マナー講師監修】結婚祝いでのご祝儀袋、失敗しない選び方・書き方

【マナー講師監修】結婚祝いでのご祝儀袋、失敗しない選び方・書き方

最近のご祝儀袋は、かわいくてカラフルなものから豪華なものまでいろいろ。つい好みで選んでしまいそうだけれど、ご祝儀袋は袋の選び方、書き方、袱紗(ふくさ)の包み方など知らないと恥ずかしい決め事がたくさん。結婚祝いの席で恥をかかないよう、ご祝儀袋の正しい書き方について書道講師の林拓鶯さんにお聞きしました。

■ご祝儀袋の正しい書き方

結婚祝いのご祝儀袋について、表書き、中袋の書き方や使う筆記用具などを紹介します。

◇表書きの書き方

まず、贈る趣旨を記載する「表書き」は、「寿」「御祝」「御礼」などの文字がご祝儀袋の中心に来るように書きます(袋によっては中心ではないものあります)。中心の取り方は付箋などを使って工夫するとわかりやすく、付箋の中心に矢印を書いてそこから書き始めるようにすると安心して書き出すことができます。文字は「御」を少し小さめに書くときれいです。他の文字は画数が少ないものは小さめに、画数が多いものを少し大きめに書くとバランスがよくなります。今では表書きが印刷されているものがありますが、気持ちを込めて自分で書いてみるのもよいと思います。

◇名前の書き方

☆ひとりの場合

中央に表書きより幾分小さめに書きます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.