恋愛情報『【マナー講師監修】結婚祝いでのご祝儀袋、失敗しない選び方・書き方』

2017年9月1日 18:40

【マナー講師監修】結婚祝いでのご祝儀袋、失敗しない選び方・書き方

きちんと見せたい場合は、楷書でしっかり書くようにします。このとき、画数が少ない字は小さめに、多い字は少し大きめに書くとバランスが取れますよ。

◇筆記用具について

ご祝儀袋・のし袋を書くときに、オススメの筆記用具は筆ペンで、できれば先が柔らかいものがよいです。先が硬いものは書きやすいのですが、筆ペンの良さが出にくいのです。普段使い慣れない筆ペンですが、10分ほど練習するとすぐに慣れると思います。個人的なランキングとして、下記の順番で文字が美しく見えると思います。

(1) 小筆(墨で書く)
(2) 筆ペン(先が柔らかい)
(3) 筆ペン(先が硬い)
(4) サインペンの太字(水性)

まずは怖がらずに筆ペンに慣れてみましょう。いきなり祝儀袋に書き出さずに、少しメモ用紙などで練習してから清書してみましょう。

■ご祝儀の相場と、ご祝儀袋・のし袋の選び方

名前や金額の書き方について、よくわかりましたね。けれど、ご祝儀袋は渡す相手や金額によって袋の種類が変わります。お札を入れる向きや袋の閉じ方など、意外と知らない決まり事についてもお聞きしましょう。

◇ご祝儀の相場について

結婚祝いの場合、親密さの程度や関係性で金額が変わってきます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.