恋愛情報『愛にも嘘は必要か? 高橋一生インタビュー「嘘」編』

2018年1月13日 17:10

愛にも嘘は必要か? 高橋一生インタビュー「嘘」編

過去から現在まで一貫した人物像にすべきだと思ったんです。そうしないとどこか詐欺っぽく見えてしまうと思ったので」

そして、「そこに悪意があるかどうかはとても大事なことだと思う」と話す。

「桔平が過去や今の状態を偽っていることについて、僕自身感情移入できました。自分だけは役の味方になってあげたいという想いが心のどこかにあって」

そんな彼に「もし自分が桔平の立場だったら、恋人に嘘をつき続けると思いますか?」と訊いてみた。すると、どこか俯瞰した物言いで「これは時間を味方につけるしかないと思うんです」と、穏やかな表情が返ってきた。

「タイミングだと思うんです。きっと、真実を告げるタイミングが桔平にはなかったんだと思う。2人の関係が進展しそうになると、よけい言いづらくなってきます。もしかしたら大事なものを失ってしまうかもしれないという恐怖もあるだろうし。きっと、どんどん言えなくなってしまったんでしょうね」

では逆に、もし自分が由加利の立場だったら、桔平の嘘に隠された本当のことを知りたいと思うのだろうか?
「うーん……。なんとなく真実が見えてくればそれでいいと思うので、追求はしません。相手が出してくる真実と、僕が読み取る真実はちがってしまうと思うので」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.