恋愛情報『愛にも嘘は必要か? 高橋一生インタビュー「嘘」編』

2018年1月13日 17:10

愛にも嘘は必要か? 高橋一生インタビュー「嘘」編

という否定と、逸らしたくなるほどに真剣な眼差しだった。

「お芝居をする時は『演技』とは意識してないんです。テクニカルなことは一切やらないようにしています。」

それは、演技という言葉は嫌いだという彼が持つ信念。

「お芝居はやっぱり引いていくべきだと思うんです。芝の上に居る(=芝居)だけで、演じる技(=演技)ではない」

役者という仕事自体、虚構の世界に生きるという意味において嘘とは切っても切れない関係にある。というより、極論を言ってしまえば嘘をつき続けるのが役者だと言えるのではないだろうか。しかしそれは、あくまでもその「嘘」の中にある「本当のこと」を伝えるための手段。だからこそ、その手段が意図として透けて見えてしまってはいけないのだ。

時間が経って、「嘘」が「本当」に変わることもある
ただ、日常で嘘をつく時は逆に「演じる技を使わないとつけない」とポロリ。高橋一生がつく嘘って?気になるのは私だけじゃないはずだ。

「たとえば、恋人が夢中になっていることに興味がなくてもあるフリをするとか。それによって、相手がどんなふうに喜んでくれるのか期待してしまいます。あと、つき続けなくてはいけない嘘もあるような気がして。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.