恋愛情報『私たちは「大島美幸」になれなくてもいい』

2018年7月22日 17:10

私たちは「大島美幸」になれなくてもいい

それは、何よりも偉大で尊い。

「僕、結婚してすごく変わったって言われるんです。それは、人間として置き忘れてきた部分をあまりに素直すぎる奥さんがいつも教えてくれるから。何十年も気づかなかったモラルとか、喜びとか。デカい背骨は一緒の2人だからこそ、お互いが“失くしていた感情”に気づけるのかもしれません」

大島美幸をめざすのは、もうやめた
私は、大島さんのようにおもしろい人間にはなれない。素人の裸芸を見て笑ってくれる人は、ひとりもいないだろう。あれは彼女の背骨があってはじめておもしろくなるのだろうし、鈴木さんの心に響くのだとも思う。本当に大切なのは、誰かをなぞらえて自分を消すことじゃない。

インタビューの最後、「生まれ変わっても大島さんを選びます?」なんて答えのわかりきった質問をした。そんな私に向き合う鈴木さんの表情は、大真面目だった。

「もう一度、大島と結婚するかってこと?絶対選びますよ。それは100%」

取材の帰り道。気心の知れた幼なじみにこの前見たドラマがいかにダメだったか、長文LINEを送った。好きな人に合わせて、趣味じゃないジム通いの話をしている瞬間の何万倍も楽しいと感じた。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.