恋愛情報『夫は、専業主夫。犬山紙子が「逆転婚」を選んだ理由』

2018年10月15日 17:10

夫は、専業主夫。犬山紙子が「逆転婚」を選んだ理由

夫は、専業主夫。犬山紙子が「逆転婚」を選んだ理由

男は金を稼ぐために働き続け、女は家事をこなして家庭を守る。

古くさい考えと思いながらも、そんな男女のあり方を基準に据えてしまう自分がいる。仕事が苦痛な男性や家事が苦手な女性だっているはずで、その役割に決まりなんてないのに。それでも、「一家の大黒柱は男性」という考えが社会の当たり前だと感じてしまう。なかには共働きしながら家事や子育てを完璧にこなす女性もいるけれど、仕事で手一杯の私には無理、できない。そんな現実を目の当たりにするたび、「結婚はまだいいや」って超他人行儀な結論が出る。

多くの人が思い描く“男は外、女は内”とは逆行している関係を「逆転婚」と名づけてみた。そんな「逆転婚」をしているのは、コラムニストの犬山紙子さんと、漫画家の劔樹人(つるぎ みきと)さんご夫婦。一風変わった関係でありながら、2人はとても仲睦まじい。家事をほとんど担当する夫と、一家の大黒柱としてパワフルに仕事をこなす妻。どうして、この2人はこんなにも幸せそうなのだろうか。

■「一度目の告白は逃げられた」。2人の出会いから交際まで

――2人の出会いについて教えてください。

犬山紙子さん(以下、犬山):私と峰なゆかさんで、阿佐ヶ谷ロフトAでトークイベントをしていたとき、夫が来てくれたのが出会いでした。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.