恋愛情報『マンガから学ぶ。失敗しない「結婚相手の選び方」』

2018年10月17日 17:10

マンガから学ぶ。失敗しない「結婚相手の選び方」

マンガから学ぶ。失敗しない「結婚相手の選び方」

結婚に対する焦燥感は、きっとある日突然訪れる。気がついたら真後ろにいて、私の肩を強く叩く。そういうものなのだと思う。

■このまま死ぬまでひとり?誰もが覚える「結婚への焦燥感」

マンガ『ガラスの靴は割れてもはける』の主な登場人物である4人の元追っかけ女子たちが、結婚への焦燥感を覚えたきっかけは、追いかけていた俳優の突然の結婚報道だった。

超、わかる。私は特段好きな俳優がいるわけではないし、追っかけをするほどの興味もない。しかし、自分の好きだった人や好きなもの、あるいはそれらを生み出す人が変化したとき、自分だけが取り残された気持ちに、勝手に陥る。

俳優を追いかけ、時間も金銭もつぎ込んでいればある程度の幸せを担保することはできる。趣味から得られる幸福感や心の満足度は異常だ。まるで薬物かのように、自分の内側を満たしてくれる。それだけで気持ちを強く奮い立たせてくれる気すらしてくる。

しかし、人は欲張りなもので、他人、それも意中の相手でなければ決して満たせない部分があるらしい。私もいつか焦り出すのだろうか。自分が結婚できないことや、恋人がいないことについて。

そもそも私には、結婚願望がない。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.