恋愛情報『もう無理。ハイスペ夫が「離婚してよかった」と語る理由』

2018年10月27日 15:10

もう無理。ハイスペ夫が「離婚してよかった」と語る理由

もう無理。ハイスペ夫が「離婚してよかった」と語る理由

「緊急事態なんだよ。今から地元に帰ってこれない?」

とある土曜日の早朝、私は一本の電話で叩き起こされた。発信元は、一週間前に「離婚する」と言い出した兄。勘弁してほしい、いったい何ごとだというのか。

「ついこの前会ったばかりじゃん。そんなに慌てて、何があったの?」

「今から家出する。だから、引越しを手伝ってほしいんだ」

「はあ!?どこに住むつもりなの?それに、ミキさんはどうするわけ?」

「昨日から家出用のアパートを借りてる。妻には秘密で家を出ようと思う」

医者として働く兄は、もっと賢い人間だと思っていた。いつも冷静沈着で、ロジカルに行動するのが大得意。でも、今はどこまでも無鉄砲で、衝動的すぎる。そこに30歳の落ち着きはなく、言うことを聞かない3歳児みたいだ。――でも、兄をここまで突き動かす理由って?

ふと、数日前の編集会議で決まった特集「ねぇ、先輩。結婚って幸せですか?」が頭をよぎる。うん、いいかもしれない。次の瞬間、私自身も衝動的に言葉を発していた。

「手伝ってもいいけど、条件がある。お兄ちゃんの話、記事にさせて」

■6,000万円の家を手放すことなんて、どうでもいいらしい

突然の引越しから少しが経った夜。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.