恋愛情報『早いほうがいい! 20代でやるべき「終活」とは』

2018年11月14日 21:10

早いほうがいい! 20代でやるべき「終活」とは

早いほうがいい! 20代でやるべき「終活」とは

「昔から恋愛に興味が持てないし、両想いは都市伝説なんじゃないかって。多分、私はこのままひとりで生きていくんだと思います」

ひとりで生きていく備えのため、3LDKに引っ越すことを決めた、都内在住のIT関連会社勤務・さとみさん(仮名/29歳)。その場にいたスタッフ全員が、彼女の発言に驚いた。だって、まだ29歳だよ?……いや、もう29歳だからこそ、堅実派の彼女は早々に決断したのかもしれない。

私も、彼女と同じ29歳。同世代の友だちは結婚ラッシュど真ん中。でも、もしも私がこのまま結婚しなかったら?彼女のように「ひとりで生きる」という選択をするしかないような気がして、怖くなる。

ひとりで生きるってことは、ひとりで死ぬんでしょ?もし私がひとりで倒れたらどうすればいいの?そのまま数カ月、誰にも見つけてもらえなかったら?

「だから、人はひとりで住むことはできても、ひとりで“生きる”ことはできない。必ず誰かのお世話にならなきゃいけないの。そのために、今からやるべきことがあるのよ」

そう話すのは、終活カウンセラーの武藤頼胡さん。15年前、3人の子どもたち全員を故郷に残し、着の身着のまま東京に出てきたという過去を持つ。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.