恋愛情報『「新宿二丁目」に行くときに気をつけたいこと』

2018年11月27日 17:10

「新宿二丁目」に行くときに気をつけたいこと

「男性器がないとセックスにならない」などと執拗に絡み、挙げ句の果てには「いい男にまだ出会ってないからレズビアンなんだ」とのたまう。暗に「俺が男のよさを教えてやる」と言っているのだ。ただでさえ女性であるというだけで苦行のような世の中なのに、レズビアンであることでさらなるセクハラを受けるこの仕打ち。地獄絵図である。

こういう「俺が男のよさを教えてやる」男は、叩いても叩いても叩きのめしても、次から次へとわいて出てくる。ワニワニパニックか。「そういうお店」にいる以上、節度を持って現れるのかと思いきや、女性の集まるお店=タダキャバだ! と思い込んで、痴漢行為をする男もいたりする。女ってだけでここまでナメられるの?血管が切れすぎて何百本あっても足りない。牛タンを食べるたびに舌を噛め。という気持ちになる。

レズビアンは男性嫌い、というイメージがある。しかし、これはおそらく上記のような不届き者どもの被害に遭った人々が、危険から身を守るために男性を敬遠しているだけだ。

新宿二丁目は、多くの人からすればテーマパークのような場所であるが、セクシャルマイノリティの人にとっては、自分が自分らしく、自由にいられる場所なのだ。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.