恋愛情報『「LINEの駆け引き」で失敗する理由』

2020年4月8日 17:10

「LINEの駆け引き」で失敗する理由

大好きな彼とのLINEのやり取りは、文面を考えたり、スタンプを押したりと楽しい時間ですよね。しかし中には、彼と少しでも近づきたいがいために、あれこれ考えすぎてLINEの駆け引きが失敗してしまった人もいるようで……。今回は、男性とのLINEでの駆け引きの失敗について聞きました。

「LINEの駆け引き」で失敗する理由


■好きが全開すぎる

・「好きすぎて相手からの返事を待たずにLINEしてしまい、しつこく思われた」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「あまりにも好きすぎて、こちらからメッセージを送りすぎてしまった」(30歳/その他/秘書・アシスタント職)

いくら好きだとしても、闇雲に「好き」とLINEするより、会う約束を取りつけるなど地道にアタックしたほうが賢明かもしれません。

■じらしすぎて脈無し判定された

・「じらしすぎて、なかなか進まず諦められた」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「デートしたその後日、相手から連絡がくるのを待っていたら、日が経ちすぎて自分から連絡できなくなってしまい自然消滅した」(30歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

好きだからあえて既読をスルーしたり、返信に時間をかけたりするうちに、彼が諦めてしまうということも。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.