恋愛情報『「インスタ映えうざい」と感じてしまう本当の心理』

2020年1月13日 11:10

「インスタ映えうざい」と感じてしまう本当の心理

私、とくに予定のない休日などに一人で外食をすることがあります。

日頃の疲れを癒すべく、その日も私はオシャレイタリアンにて一人飯をキメていました。

すると、隣のテーブルに座った女子2名が、何やら互いに席を交換したりして、写真を撮り始めたのです。

彼女たちはどうやら、「自然に振り返った私」を撮りたかったようで、髪の毛がフワッとなる瞬間を狙って、何度も「せーのっ!」と言ってシャッターを切っていました。

店内には不自然な「せーのっ!カシャ」という音が何度も響き渡りました。いっこうに自然なフワッと感が出ず、何度も撮り直しをしていたようです。

「料理が冷めてしまう」とか「マナー違反だ」とか、そこまでは言いませんが、ただただ、気になる。落ち着かねぇ……。

ベストショットはいつ撮れるんだろうかと思いながら見ちゃう……。

そんなわけで、本日は「インスタ映えの追求」について語りたいと思います。

■インスタ映えとは

「インスタ映えうざい」と感じてしまう本当の心理


インスタグラムの普及により、人々は写真クオリティの向上に精を出すようになりました。

インスタでメインとなる情報は写真。

できるだけきれいな、良い写真をあげたい。

それが、インスタ映えの発端でしょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.