恋愛情報『妻夫木聡・柄本佑・間宮祥太朗が語る「本当の愛」とは』

2020年2月20日 17:00

妻夫木聡・柄本佑・間宮祥太朗が語る「本当の愛」とは

女の「しあわせ」って決まっているもの?

世間では、すてきな旦那さんと結婚すること、子どもを持つこと、それをできるだけ長く継続することが、女性の「しあわせ」とされている気がする。

商社マンの夫にかわいい娘。はたから見ると女としてのしあわせをすべて持ち合わせているように見える。夏帆さんが演じる、映画『Red』の主人公・村主塔子はそんな女性。

劇中では、家族のために生きてきた塔子に転機が訪れる。それはほかでもない「男」が原因で、だ。心が張り裂けそうなくらい愛した男が、10年ぶりに目の前に現れたのだ。

夫がありながら、かつて愛した男に心揺れていく塔子。果たして最後に彼女はどのような選択を下すのか。

そんな大人の恋を描いた『Red』。本当の愛とはなんなのか、しあわせとはなんなのか。塔子を取り巻く3人の男を演じた、妻夫木聡さん、柄本佑さん、間宮祥太朗さんに話を聞いた。

■「大人のラブストーリー」を演じるうえでのこだわり

妻夫木聡・柄本佑・間宮祥太朗が語る「本当の愛」とは


――塔子を翻弄する運命の男・鞍田秋彦を演じた妻夫木さん。台詞というよりも、佇まいで鞍田を表現されている部分が多かったと思いますが、演じるうえで意識されたことやこだわりはあったのでしょうか?

妻夫木聡さん(以下、妻夫木)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.