恋愛情報『知っておきたい、気持ちが伝わる「花言葉」』

2020年8月20日 17:10

知っておきたい、気持ちが伝わる「花言葉」

花言葉の解説と、与謝野晶子の短歌が収められ、『花』というタイトルで世に出ました。

花言葉の決め方は?

花言葉はどうやって決まっているのでしょうか。ここで花言葉の由来についてご紹介していきます。

◇神話・伝説から

知っておきたい、気持ちが伝わる「花言葉」


ヨーロッパ発祥の花言葉には、ギリシャ神話を由来にしたものも多くあります。

例えば、アネモネは、愛と美の女神アフロディテが、美少年アドニスに恋をし、彼が狩りの最中に死んだのを悼んで流した涙、あるいはアドニスの血から咲いた花とされています。

そのことから、「はかない恋」という花言葉が付けられました。

花言葉にある背景を知ることで、より深い意味を感じることもできますね。

◇花の特徴から

知っておきたい、気持ちが伝わる「花言葉」
見た目や特性から花言葉につながった花もあります。

例えば、パンジーの花言葉は、うつむいている人の顔を連想することから「もの思い」。

丈夫でどんな環境でも育つカモミールは、「苦難に耐える」という花言葉を持っています。

◇その国の歴史や風習から

知っておきたい、気持ちが伝わる「花言葉」


花にはさまざまな歴史的逸話があります。そこから付けられた花言葉も面白いんです。

たとえば、アザミの花言葉は「独立」。

1263年、スコットランドに侵入してきた近隣国の兵士が、暗闇で鋭い棘のあるアザミを踏みつけ、その痛みに思わず声を上げたことから奇襲を察知し、国を守ることができたという逸話が由来しています。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.