恋愛情報『人とつながることは摩擦なのだ #ソロで生きる』

2020年8月26日 11:10

人とつながることは摩擦なのだ #ソロで生きる

「ソロで生きる」という言葉は勘違いされがちです。

「ソロで生きる力」とは、決して誰とも接触せず、誰の力も借りず、例えば無人島でたった一人で生き延びるサバイバル能力のことではありません。「ソロで生きる力」とは、逆説的ですが、「人とつながる力」でもあります。

ただし、「人とつながる」といっても、友達を大勢作るということではありません。「人との接触刺激を通じて、自分の内面を鍛え育てる」ということです。一体どういうことか。

今回は、「ソロで生きる」上で実は必要な「人とつながる力」について考えてみたいと思います。

■みんな傷つくのが怖いし、無意識に人を傷つけてしまう

読者の中には、人とのコミュニケーション能力に自信が無く、「初対面の相手には話し掛けられない」とか「相手が内心どう思っているのかが気になって、人との会話が怖い」という人もいるでしょう。

人との接触によって、自分が傷つくことが怖い。それだけではなく、自分が誰かを傷つけてしまうのではないかとも考えてしまいがちです。

◇人を傷つける言動とは

最近は、コロナ禍もあり見かけなくなりましたが、かつて、金曜の夜など繁華街の駅前などで、酔いつぶれて寝ているサラリーマンがいました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.