恋愛情報『「差し支えなければ」という言葉が便利すぎる理由』

2020年10月28日 07:10

「差し支えなければ」という言葉が便利すぎる理由

「差し支えなければ、お願いできますか?」は、仕事でもプライベートでも、よく使う言い回しです。

遠慮がちながらも、お願いしたいことをしっかり伝えたい時に便利な表現ですが、言われた相手にはどのように受け止められるものでしょうか?

誤解や勘違いが起こらないように、意味や使い方、言い換えの表現などをマスターしましょう。

「差し支えなければ」という言葉が便利すぎる理由


■「差し支えなければ」の意味

「差し支えなければ」という言葉が便利すぎる理由


「差し支え」について調べてみましょう。

「差し支え」の「支え」は、「ささえ」ではなく「つかえ」と読みます。

「排水管に小枝が支えて水がうまく流れない」という時の「支える(つかえる)」ですね。

「支え」という単語だけでも、何かの障害になることを意味します。

さしつかえ【差し支え】

さしつかえること。都合の悪い事情。さわり。さまたげ。支障。

(『広辞苑 第七版』岩波書店)

つまり、「差し支え」とは、「何が妨げとなるようなことがあって、物事が前に進まなかったり、滞ったりするような障害や都合の悪いこと」だと理解できます。

「差し支えなければ」の「なければ」は、形容詞「ない」の仮定形に接続助詞「ば」の付いたもので、「もし、それがないなら」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.