恋愛情報『「自分に合ったチークの入れ方」で劇的にかわいくなる方法』

2020年11月30日 17:10

「自分に合ったチークの入れ方」で劇的にかわいくなる方法

入れることで、肌に明るさや立体感を出し、小顔効果まで期待できるチーク。何となく使ってはいるけど、本当に自分に似合う色や使い方があるのなら知りたいですよね。

肌色や骨格、年齢によっても、魅力的な見せ方が違います。

そこで今回は、チークの基本の入れ方から骨格別に似合う入れ方、おすすめのカラーなどを詳しく紹介します。

■チークってどうして入れるの?役割とは

「自分に合ったチークの入れ方」で劇的にかわいくなる方法


チークの役割の1つは、顔の血色を良くすることです。血色があることで健康的に見えるため、好感度もグンとアップします。

さらに、チークを入れることで顔に立体感やメリハリを出せるため、小顔効果も期待できます。女性の表情をより豊かに演出してくれる、お助けアイテムなのですね。

ただし、メイクはバランスが大切です。昨今のトレンドでいえば、眉毛とリップは濃いめ、チークはやや薄めという傾向も。チークは、アイブロウやアイメイクの後に、顔全体のバランスを見ながら入れていくと失敗が少なくなります。

■基本のチークの入れ方

「自分に合ったチークの入れ方」で劇的にかわいくなる方法


ここからはイラストを参考に、基本のチークの入れ方をご紹介します。

頬の一番高い位置から小鼻の少し上あたりを目がけて、人差し指と中指の2本分の幅で、耳元から鼻に向かって黒目下のあたりまでチークを入れます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.