恋愛情報『「一途な恋愛」が人の胸を打つ理由』

2021年6月19日 17:10

「一途な恋愛」が人の胸を打つ理由

身寄りのない音は、育ての父親が決めた相手と結婚することになっていたが、とある事情で縁談がなくなる。怒った育ての父親は、音の母親の骨を捨ててしまう。

無気力になった音に、育ての母親は「音、逃げなさい」と声をかける。言われるがまま勢いで家を飛び出した音は、偶然、トラックで北海道から東京に帰ろうとしていた練を見つける。

音「引っ越し屋さん!」

練「乗れ!」

ここから、2人の関係はスタートするかと思われた。ところが、東京に着いた途端、2人ははぐれることになる。練と音が再会するのは、1年後、2011年になってからだ。

音「引っ越し屋さん、できたらでいいんやけど、名前教えて、電話番号教えて。あたしも東京で頑張ってるから」

再会を果たした時、音は練の顔を見上げながらそう伝える。

北海道から出てきて介護施設で懸命に働く音と、引っ越し屋で働く福島県出身の練。共に上京して必死に生きているという点で、2人は惹かれ合いながらも、同志のような関係も築く。道端で見つけた花の写真を見せ合い、アルプス一万尺をして2人で笑う。こうやって恋愛は成熟していくのだと思わされるシーンだ。

ところが、練には恋人のような人がいる。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.