恋愛情報『付き合ってはいけない3B……バンドマンに恋したサブカル女子同士の抗争劇』

2021年7月18日 11:10

付き合ってはいけない3B……バンドマンに恋したサブカル女子同士の抗争劇

付き合ってはいけない3B……バンドマンに恋したサブカル女子同士の抗争劇


夢追い人がかっこよく見えるのは、25歳までの儚い魔法。

こんにちは。「見る目のなさ」には定評がある恋愛コラムニスト・ミクニシオリです。

私の見る目のなさといったら、大学生の時に付き合っていた彼氏は大学中退して海外にポーカーしに行って大借金して帰ってきたり、同棲していた元カレと別れる時は、貯金していたお金が返ってこなくなったりと、まあまあひどいものでした。

まあ、若いうちにそういう辛酸をなめまくったおかげで、今は冷静に恋愛するようになりました。今年で29歳、崖っぷちアラサー。

さて、今回はそんな私がこじらせちゃったきっかけでもある、10代の頃のイタい恋を振り返ります。

■中二病をこじらせていた高校時代

ステージの上で逆光に照らされている男性は、なぜかっこよく見えてしまうのだろう。

北関東の片田舎で育った私は、高校生の頃そういう”魔法”にかかっていたんです。

時は、ルーズソックスにつけまつげ3枚盛りギャルが、クラスのヒエラルキー上位に君臨する時代。一方私は初期iPodで音楽を聞いているタイプのJKで、いわゆる中二病をこじらせていました。

中学時代好きだった男子の影響でギターをはじめていた私は、立派なサブカル女子に成長しており、一緒にギターを練習していた男子に告白されて、はじめての彼氏ができました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.