恋愛情報『もう古く見えない。プロが伝授する「赤リップの使い方」』

2021年9月18日 11:10

もう古く見えない。プロが伝授する「赤リップの使い方」

もう古く見えない。プロが伝授する「赤リップの使い方」


■今回のお悩み「赤リップを使うのが苦手」

moe

赤リップを塗るとどうしても派手に見えてしまいます。おしゃれに普段使いするにはどうしたら良いですか?

華原萌/メーカー・広報

■Answer「リップブラシでぼかしましょう」

もう古く見えない。プロが伝授する「赤リップの使い方」


鮮やかな赤リップは、ブラシでぼかしてつけると自然になじみます。コンシーラーブラシのような、毛がギュッと密集しているものを選ぶのがコツです。

唇の内側にリップをのせたら、外にぼかしていくようにブラシを動かします。

もう古く見えない。プロが伝授する「赤リップの使い方」


全体的にぼかした後、色が足りないなと思ったら細いブラシで内側に色を足してみてください。塗り足した部分とそうでない部分の境目をなじませたら完成です。

もう古く見えない。プロが伝授する「赤リップの使い方」


鮮やかな赤リップを使う時は、輪郭をはっきりさせないことで自然に仕上がります。垢抜けた印象をつくりたい時にも、この塗り方がおすすめですよ。

■今回のまとめ

  • 鮮やかな赤リップは輪郭をぼかしてつけよう
  • ぼかすためのブラシと色をのせるためのブラシの2種類を使い分けるのがポイント
moe

赤リップを使う時、輪郭をしっかり縁取っていたので、正反対のことをしてしまっていました(笑)。ぼかしてつけると、1色しか使っていないのに2色使っているように見えますね!コンシーラーブラシのような形状のブラシをリップに使うのも新鮮でした。

(監修:佐々木一憲、写真:三浦晃一、取材・文:照井絵梨奈/マイナビウーマン編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.